LINEじゃ満足できない!今年も年賀状300枚出しますよ(笑)

今ではLINEやメールで済ましてしまう方も多い年明けの挨拶ですが、私は未だに年賀状を書いています。
何故なら、届いた年賀状を読むのがとても楽しいからです。

LINEやメールは消えてしまいますが、年賀状は手元に残しておくことができます。
気になった時にすぐ読むこともできるし、何より文面やイラストに相手の個性が出るのがとても面白いです。
小中学校の友人や遠い親戚などと連絡をとるきっかけにもなり、年賀状には様々な魅力があります。

私は幼い頃から年賀状を読んだり書いたりするのが好きでした。
小学生の頃は、クラスメイト全員に住所を聞き、年賀状を書くのが毎年の楽しみでした。
全員から返事が来るわけではありませんでしたが、相手から返事が返ってくるととても嬉しかったです。
文章も一人一人手書きで、異なる文章を書いていました。
その人との思い出を思い出して文字にするのが楽しかったです。
干支によっては自分でその動物を描くようにしていました。絵はあまり上手くないのですが、ただ楽しかったです。

現在は年賀状を書いても返事をもらえることはあまり無いので、とても寂しいです。
ですがめげずに毎年300枚以上の年賀状印刷を発注しているくらいの自称ツワモノなんですね(笑)
300枚となるとさすがに印刷料金もかさみますが、昨年から年賀状印刷が安いところに注文を切り変えたら1万円近くも安くなりました。
そこはネット専業のらくらく年賀状というサイトでしたがこんなにも安かったのは人生で初めてです。
ちなみにですが実際にここで300枚印刷すると19,665円です。
それまでは3万円以上は当たり前でしたので余りの差額にびっくりしたものでした。

年賀状は挨拶だけでなく様々な楽しみがあるのでこのまま廃れていってはほしくないです。
皆さんも機会があればメールやLINEではなく手書きで年賀状を書いてみてはいかがでしょうか。
昔は気づかなかった新たな楽しみ方や懐かしい出会いがあるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です